後悔しない人生を生きる為の情報ブログ

LIFE LAB : )

心理学

『恋は盲目』といわれる理由 |理性を失う恋愛依存とは?

更新日:

恋愛依存

会いたくてどうしようもない。

恋が辛くて仕事が手につかない。

あなたは、胸が苦しくなるほどの恋をした経験はあるでしょうか。

人間の脳は、恋をすると脳に快楽ホルモンが出て、幸せな気分を覚えるようになっています。

しかし、依存しすぎてしまうと、恋愛以外のことに目を向けられず、文字通り『盲目』な状態になってしまうことも。

そんな恋愛をテーマにしてドキュメンタリー番組の『バチェラー』シリーズ3の結末がものすごく興味深ったので、今回はこのバチェラー心理をテーマに記事を書いてみました。

※この記事後半に『バチェラー3』のネタバレが若干含まれていますので、ご注意ください。

\※『バチェラー』シリーズを観る方はこちらから☟/
『Amazon ~プライムビデオ~』

人の脳は、常に快楽を求めて生きている

人の脳は、常に快楽を求めて生きている

『快楽』と聞くと、ちょっとよくない欲を満たすための言葉にきこえますが、私たちが活きてくための食欲や睡眠欲も、同じ『快楽』として含まれます。

ここには、『ドーパミン』という脳内物質が関係しており、この成分が脳に分泌されると、人は『快楽』を感じることが出来ます。

例えば、下記のようなとき、人の脳内ではこの『ドーパミン』が分泌されていることがわかっています。

脳で『ドーパミン』が分泌されるとき

・楽しいことをしているとき
・目的や目標を達成したとき
・他人に褒められたとき
・新しいことを始めたとき
・意欲的、やる気にみなぎっているとき
・好奇心が働いているとき
・恋愛感情やときめきを感じたとき
・おいしいものをたべているとき

調子がいいときや、うれしいことがあると、この物質が『快楽』を与えてくれています。

その為、たとえ辛い経験があったとしても、一生懸命努力した先に成し遂げたい目標や夢がある時は、その先にある快楽を求めて努力し続けられるのです。

いわゆる『ご褒美』がまっているという感覚ですね。

この仕組みを上手に使えれば、勉強や仕事で成功するために良いモチベーションを維持することができます。

しかし、あまりに『ドーパミン』に依存してしまうと、実生活にも影響を泳もしてしまう可能性があるんです。

『依存症』は患者数がもっとも多い病気

『依存症』は患者数がもっとも多い病気

あなたにも好きな『もの』や『こと』があるように、だれもが依存症に陥る危険性があります。

下記は、厚生労働省が発表している、依存症の度合いを調べる国際基準の項目です。

この項目に過去1年以内に3つ以上あてはまる場合は、依存している可能性が高いことになります。

あなたや、まわりの人が当てはまっていないか参考にしてみてください。

✅『依存症』チェック

①対象への強烈な欲求・強迫感*がある。
②禁断症状がある
③対象に接する量や時間のコントロールが出来ない
④対象に接する頻度や量が増えていく
⑤依存で仕事や通常の娯楽を無視、または制限する
⑥悪いと思っていても続けている

強迫感・・・ 自分でもつまらないことだとわかっていても、そのことが頭から離れない、わかっていながら何度も同じ確認をくりかえしてしまうこと 。

厚生労働省(みんなのメンタルヘルス)より抜粋

厚生労働省の調べによると、 アルコールの依存者は、国内で約300万人いるといわれています。

また、タバコの依存者は、国内だけでも1,300万人もいます。

他にも買い物やギャンブルなどの依存対象があるとすれば、相当な数の人が依存症になっているということになります。

しかし、アルコールは血液に流れて直接脳内に影響を与えるにしても、タバコやギャンブルは直接的に影響を与えるわけではありません。

ただ一つ共通しているのが、その対象にふれている時に『ドーパミン』が大量に分泌されているということです。

つまり、依存は実際の対象物が直接影響をあたえているのではなく、脳内ホルモンによるものだということです。

依存症というのは、私たちが普段見聞きするようなタバコやお酒だけではなく、ドーパミンが分泌されるような『快楽』を満たしてくれるものであれば、なんでも対象となり得るのです。

『ランナーズ・ハイ』も快楽ホルモンの影響

『ランナーズ・ハイ』も快楽の一つ

脳で感じる『快楽』には、ランナーズ・ハイも含まれています。

『ランナーズ・ハイ』とは

マラソンやジョギングを行うと通常、次第に苦しさが増してくるが、それを我慢し走り続けるとある時点から逆に快感・恍惚感が生じることがある。この状態をランナーズハイと呼ぶ。

Wikipediaより引用

ランニングというのは、普通は長く辛い運動ですが、辛く苦しいことが長く続くと、脳は『オピオイド』という脳内物質を分泌します。

これは、人間の『痛み』を和らげてくれる効果があるものです。

医療の現場では、痛みを和らげるために『モルヒネ』が利用されていますが、この『オピオイド』はこの『モルヒネ』の5倍の効果があるといわれています。

『ランナーズ・ハイ』になったことがある人は、その『オピオイド』が分泌されることで、どこまででも走り続けられそうだという快楽を味わうことができるのです。

しかし、脳から分泌されるホルモンには、実は依存症を引き起こしてしまうほどぼ効果もあります。

実際、ジョギングのランナーズ・ハイがやめられず、どんなに体調が悪くても走ることをやめられない病(ランニング依存症)も存在するほど、脳から出される物質というのは強力なのです。

バチェラー3から考察する、恋愛依存が及ぼす影響

バチェラー3から考察する、恋愛依存が及ぼす影響

※この先『バチェラー3』に関するネタバレが含まれますので、知りたくない方はスキップしてください!

※次の項目までスキップする

依存の中でも気が付きにくいのが、『人間関係』への依存です。

この場合、人は誰かに認めてもらったときの『承認』や、『愛情』を感じた時に脳に『ドーパミン』が分泌されます。

そして、私たちのより身近なものとして『恋愛依存』があげられます。

これは、自分が好意を寄せている人、つきあっている人に向けられる依存で、下記のような症状が現れます。

『恋愛依存』の時の症状

・相手を失う不安感におそわれる
・他に好きな人が出来てしまわないか不安になる
・しつこく接触するようになる
・仕事や私生活のことが手に付かず、相手のことしか考えられなくなる。

『恋愛依存』の時に見られる行為

・良識的なことが判断がつかなくなる。
・行為を寄せる人に何度も会いに行ってしまう。
・周囲を傷つけても手放さないような行動をしてしまう。

依存の状態になってしまうと、判断力や、ルールやモラルのような社会性を司る脳の部分が機能しなくなってしまうことがわかっています。

頭はそのことにしか気持ちが向かなくなり、そのほかのリスクも考えられなくなってしまうということです。

恋愛ドキュメンタリーで有名な『バチェラー3』でも、同じようなことが起こっていましたね。

実際にはすべての女性から愛される設定のバチェラーが、ずっと好きだった候補者Aさんから突き放されたような態度をされたため、最終的に別のBさんと結ばれたにもかかわらず、1ヶ月で破局。

その後、Aさんに猛烈アタックした末にお付き合いすることになったというエピソードです。

このときバチェラー本人の脳は、どんなに社会的地位が落ちようと、だれかを傷つけようと、Aさんをモノにしたいということしか考えられなくなっていたのだと思います。

先ほどの『依存度チェック』項目で見ても、②以外の5項目にあてはまっているのではないでしょうか。

いわゆる、好きすぎるあまりに『恋愛依存』になってしまった可能性があったと感じています。

※あくまで個人の見解なので、事実とは異なっている可能性はあります点はご了承ください。

番組のルールを度外視、さらには最初に選んだ女性をも大きく傷つけてSNSやネットが大炎上していました。

冷静に考えたら、よくないことです。

しかし、恋愛に依存したときの恐ろしさは、客観視が全くできなくなってしまうほどに理性を失ってしまうという点です。

他人の恋愛に関しては冷静なアドバイスが出来ても、いざ自分の恋愛のことになると冷静な判断が出来なくなってしまうように、文字通り『恋は盲目』なのです。

恋愛の依存は客観的に分かりずらい

恋愛の依存は客観的に分かりずらい

ドーパミンが分泌される『快楽』には、食事や睡眠など、私たちの普段の欲も含

『快楽』を求める矛先が目に見えるものであれば、依存症になる前兆に気が付くことが出来ます。

たとえば、タバコやお酒、ギャンブルや買い物などです。

これらの症状は、周りからもわかりやすく、指摘することもできるので、本人も気が付きやすいことが多いです。

厄介なのは、恋愛やDV、宗教のような、人間関係が絡んでいるものです。

わかりやすく目に見えない分、周囲も本人もなかなか依存症状に気が付くことが出来ません。

ひどい場合は、理性を失い、攻撃的な行動に出てしまうことも考えられるため、気が付いたことには事件につながりかねません。

特に恋愛に関しては、誰しもが依存してしまう可能性があるので、注意が必要です。

他人事ではない『依存』の恐怖

ここまで、依存についてお伝えしてきましたが、今回お伝えした事例はあなたにもやってくる可能性があります。

人間は、基本『欲』を満たすために生きています。

以前のブログで、マズローの欲求段階説*についてご説明しましたが、『食欲』や『睡眠』、『昇給』や『昇進』、『目標』や『成果』への努力など、すべて『欲』を満たすという行為です。

※ マズローの欲求階段説については、こちらのブログでふれてますので、合わせて読んでみてください!
☛『良い人間関係をつくる方法』

この欲求を満たすことで、脳内に『ドーパミン』が分泌され、私たちは『快楽』を覚えます。

しかし、あまりに一つの欲求を求めすぎてしまうと、無意識のうちに脳が『○○依存』になってしまう可能性があります。

大きな問題になる前に、今回ご紹介した『依存度チェック』をしてみたり、周囲からの何気ない声掛けにも意識するようにしてみてくださいね。

ではでは!

-心理学

Copyright© LIFE LAB : ) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.