人生を豊かにするキャリアの選び方|心から望む仕事探しに大切な8つの事

『仕事』は人生においての最大のテーマですよね。

働くことへの悩みや不安は、誰もが少なからず持っていると思います。

・今の会社で働き続けていいのかな?
・いけるなら大手企業がベストでしょ?
・人間関係が辛いから辞めたいじゃだめ?
・みんなの憧れる会社なら間違いない?
・なんとなくの転職じゃダメ?
・キャリアに自信ないから転職が不安。

今回は、上記のような不安を抱えている方や、 これから転職を考えている方に向けて、 働くことの考え方と仕事の選び方についてお伝えしていきます。

▼この記事でわかること/身につく知識

・あなたにとっての『働く』ことの意味
・あなたに合った会社の選び方
・転職に対する不安の解消
・人生を豊かにする働き方の思考

はじめに(仕事の未来):個人の専門能力を高めることを意識しましょう!

新卒採用でよく目にしていた『総合職』。

日本の常識だったシステムが、サラリーマンを窮地に追い詰める可能性があります。

令和時代に突入し、大手メーカーや大手銀行が立て続けに終身雇用が難しいと発表しています。

どんな大手企業に勤めていても、いつ外のフィールドに投げ出されるかわからない状況です。

とくに、総合職で部署を転々として身につけた広く浅い業務経験では、外に出た時に必要とされない危険性があります。

とある大手メーカーに入ることが夢だった私の友人Dくんは、今頭を悩ませています。

大学時代もそのことばかりを考え、賢明に努力を続けた結果、見事入社することが決まりました。

本人は、会社に骨をうずめる覚悟で意気込んで入社したのですが、終身雇用がなくなり、今後のキャリアをどう計画すべきかわからなくなっていました。

また、専門知識をみにつけるまもなく、数年単位で各部署の業務を渡り歩いていたため、転職するにも自分の強みを見つけられずにいたのです。

有名企業の肩書きは、転職市場ではほとんど価値がなくなります。

社会で必要とされるのは、何を身に付け、どう活かせるのかという事実と根拠です。

これからの時代は、

どんなスキルや経験が求められているか

これからのキャリア価値はどう変動するか。

情報のキャッチアップをして、能動的にスキルを身につけて行く必要があるでしょう。

あなたが働く理由をしっかり認識しましょう!

仕事に没頭する男性

健康への関心が高まり、医療も発達している現代では、人生100年時代といわれるくらい平均寿命が世界全体で高くなっています。

そして、昭和の時代と違い、働き方の考え方も変化してきています。

これまでは、食べていくために働くことがあたりまえでした。

しかし、人生は長くなり、定年退職の概念もいずれなくなることを考えたら、退屈で苦痛な仕事を続ける毎日は辛いですよね。

これからの働き方に必要なことは、

人生を豊かにするためにどう働くか』という考え方です。

それは、年収をどこまで高くできるか、という部分でも、有名な企業に勤めるということでもありません。

あなたが心から『ワクワク』する仕事が出来るかどうか。

つまりは『やりがい』をもって働けるかどうかです。

上記は、年収と幸福度を調査したグラフですが、ある一定の年収までいくと、幸福度が変わらないということがわかっています。

幸福度というのは一種の感情なので、お金に対する憧れは、達成してしまえば満たされて消えていきます。

欲しいブランド品を買って、その後満足して使わなくなる心理と同じような感覚です。

あなたが仕事を通じて本当に心からやりたいこと、成し遂げたいことがなんなのか。

自分が働くことの意味をしっかりと考え、常にその思いを軸に仕事ができることが大切です。

※やりたいことがわからない方は、こちらの記事も参照してみてくださいね:)
幸せな人生の見つけ方|『幸福』とはどうあるべきかを考えよう

辛い職場なら自分が活きる場所に逃げ出そう!

Time for Change

人間関係が辛いから辞めたいという人に対してよく聞く意見が、

「あなたは自分で環境を変える努力をしましたか?」

という意見。

間違ってはいないです。

社会はそんなに甘くないってのもしってます。

でも、私だったら、

「病むくらいなら 
今すぐ逃げましょう!」

と、お伝えします。

組織の中で、自分の居心地をよくするためには、自分の考えや行動を180度変えるか、相手を上手に操るかしかありません。

でも、それが簡単にできるなら、人間関係つらいって思わないですよね。

であれば、自分が居心地がいいと思える場所で、過度なストレスを抱えない場所を探すことが一番です。

もちろん、転職するにしても、部署異動するにしても、それなりの覚悟と努力は必要です。

しかし、人間関係の改善に壮絶な精神力を使うのであれば、すぐにでも環境は変えるべきです。

私も、まったく気が合わない上司と、我慢して約3年間仕事をしました。

毎日やることなすこと全て否定され、褒められることなんてありません。

気が付けば、会社の利益や自分のスキルアップが目的ではなく、上司のご機嫌取りが毎日の目標になっていました。

結果、自信はなくなり、心もボロボロになったところで、耐えられず退職しました。

しかし、次の転職先では、上司は私の長所を上手に褒め、伸ばしてくれました。

成果もどんどん出せるようになり、気が付けばマネジメントポジションも与えて頂き、キャリアに自信がもてるように。

環境が違うだけで、こんなにも自分が輝くことができるんだと知ったとき、無駄につらい環境に耐えていた時間がいかに無駄だったかを知ったのです。

お金や仕事はいくらでも代えがききますが、あなたの時間は代えがききません。

今、この瞬間にもどんどんなくなっていきます。

本当に自分にとって価値ある過ごし方はなんなのか。

あなたの時間の大切さについて、いちどしっかり考えてみてください。

※仕事と人生の考え方について気になる方は、こちらも読んでみてくださいね:)
仕事を辞める勇気が出ないあなたへ|ジョブホッパーが語る『自分のための人生』を歩む考え方
後悔しない人生を歩む方法|あなたが死ぬ直前に後悔することは何ですか?

やってはいけない選び方

NO!

ここからは、転職や就職をするにあたってどういった企業を選ぶべきかについてお伝えします。

今は転職市場も盛り上がっており、世の中の転職に対するイメージも良い方向に大きくかわってきました。

しかし、せっかく転職できても、失敗したという体験談もたくさん耳にします。

私も新卒での終活と、転職3回をした経験がありますが、そのうち成功したと思う会社もあれば、失敗だったと思う会社もあります。

社風や働き方などは、入社してみてからでないとわからないことも多いですが、できればある程度のリスクは事前に確認しておきたいのですよね。

ということで、私の実体験をもとに、会社選びに必要なことについていくつか紹介したいと思います。

会社は知名度や友人の評価で選ばない!

だれもが入社したいと憧れる有名企業。

そんな企業を退職する人に目を向けたことはあるでしょうか。

2019年の就職したい企業ランキングで、TOP100にランクインした企業のうち、3年以内の退職率が低い企業TOP100を調べてみました。

すると、人気企業100のうち、11%の企業しか退職率が低い会社にランクインしていませんでした。

人気企業ランキングTOP100
退職率が低い企業ランキングTOP10

人気の企業にはいったにもかかわらず定着する確率は、ほか企業よりも高くないんです。

なぜ、人気企業にはいれたのに、退職してしまう人が多いのか。

理由のひとつとして、入社前からその会社が自分が望む会社ではなかったという可能性が考えられます。

実は、私たちの脳は、自分の意思とは裏腹に、周囲の評価をそのまま受け入れ、自分の考えにすり替えてしまうことが多くあるんです。

※脳科学について気になる方は、こちらの記事も参考にどうぞ!
あなたの常識はウソだらけ?|メディアに騙されない情報リテラシー力の高め方
『心理学』のカテゴリー一覧を見る

例えば、居酒屋やレストランを決めるときも、評価サイトの星の数を気にしますよね。

また、行列ができた店も、何かと気になったりするのではないでしょうか。

脳は、何かを考える時に、エネルギーを消費します。

そのとき、できるだけエネルギー消費を節約するために、考えなくてもいい、楽なほうを選択したがります。

脳科学では、これを認知負荷の低下させるといいます。

本当は自分がやりたいことかどうかを考えたいのに、大勢の『イイネ』に乗っかるほうが、思考の省エネができるので、脳は楽な選択肢を選ぼうとするのです。

会社を決めるときも一緒のことが起こっています。

そのため、自分で考えることをサボってその他大勢の『いいね』を信じてしまうと、入社後に違和感を感じてしまうのです。

謙虚さを美徳としてきた日本文化では、だれかの意見や評判をめっぽう気にする文化が強く根付いています。

その結果、他人の価値観ばかりに集中し、自分の価値観を押し殺してしまうのです。

しかし、会社を決めるというのは、人生における大切な決断です。

絶対大手がいいよ!

絶対この業界が君にあっているよ!

と、周囲のみんながそう言っているからという安直な考えではなく、

本当にそうなのか?
自分が求める本当の条件は何だろうか。

このように、一度自問自答して、自分が望んでいる仕事環境をしっかり考えることが大事です。

※心からやりたいことを見つける方法については、下記も参考にしてみてください:)
心から望む人生を 見つける思考法 |あなたの理想は他人の価値観で出来ている

好きだという理由だけで仕事は選ばない!

誰にでも好きなことや趣味があるとおもいますが、それをよく考えずに仕事にすることは正直おすすめしません。

好き』は一時の感情です。

もしかすると、5年後、10年後は興味がなくなっている可能性だってあります。

とあるアンケート調査で、『過去の好き』と、『未来の好き』の価値を比較した調査があります。

例えば、あなたが10年前に好きだったアーティストのチケットを今購入するとしたら、いくらまで払いますか?

今も活躍している人であれば、それと同等の金額か、もしくは熱も冷めて少し低めの金額をいうのではないでしょうか。

では、現在好きなアーティストの10年後のチケットを買うとしたら、いくら支払うでしょう。

おそらく、今の時点で大好きなアーティストなので、定価よりも高く支払っていいと思う人もいるのではないでしょうか。

過去と未来に関する実験マンガ①
過去と未来に関する実験マンガ②
過去と未来に関する実験マンガ③
過去と未来に関する実験マンガ④
過去と未来に関する実験マンガ⑤
過去と未来に関する実験マンガ⑥

実際のアンケート調査でも、ほとんどの人が、過去に好きだったアーティストのチケットより、今好きなアーティストの未来のチケットに、高い価格をつけています。

つまり、今の好きな感情というのは、何年かしたらなくなってしまう可能性が高いんです。

仕事でも同じことが言えます。

好きという感情だけで仕事を判断してしまうと、数年後に後悔してしまう可能性があります。

今大好きな業種に入社しても、数年後にその感情が薄れてしまえば、仕事はつまらないものとなります。

感情というのは、川の流れのように、時間と共に常に揺れ動き、流れていくものです。

ただの好きの感情だけではなく、未来のキャリアをしっかり考えた選択をしなければいけません。

自分の『資質』を見極めて会社を選べば間違いない!

あなたにあう会社を選ぶために、大切なことが2点あります。

一つは、さきほど説明した

『あなたの人生における仕事のあり方』について考えること

仕事を通じてどんな人生を送りたいのか。

何のために仕事をするのか。

その軸に沿って仕事を決めることが大切です。

もう一つは、

自分の『資質』を見極めることです。

ここでいう『資質』とは、あなたの生まれつきの性格や考え方になります。

資質のイメージ

例えば、あなたがもし社交的な人であれば、営業の仕事は苦にならないかもしれません。

反対に、一人作業に没頭するのが得意なら、エンジニアや研究者のような仕事なら高いパフォーマンスが期待出来ます。

このように、自分の『資質』を理解していれば、活躍できるしごとを選ぶことができます。

※自分の『資質』の見つけ方については、こちらの記事を参考にしてください:)
あなたが心から求めるキャリアの探し方|3つの思考でキャリアの不安をなくし、自信を付けよう!

競争が激しい場所ではなく、あなたが活躍できる環境がベストである

人間は、自分が活躍できるしごとにはやりがいを感じます。

しかし、思うように活躍ができない場合、自尊心を失い、仕事に対する幸福度が極端に下がってしまいます。

たとえば、有名企業は人気が高く、採用倍率も高いので、優秀な人が多く集まります。

そんな会社で活躍し続けるためには、高い能力を維持するための努力と、上司やライバルからの圧力にも耐えるタフな精神力が必要です。

もちろん、優秀なライバルたちの中で切磋琢磨できるのであれば、素晴らしい環境となりますが、それはあなたの資質とマッチしている場合に限ります。

というのも、資質がなければ、仕事を覚える時間と労力を他の人より多く必要とするからです。

ノウハウを覚えることにも前のめりになれませんし、なかなか成果につながらないことで自尊心が低くなってしまいます。

であれば、あなたが得意な職種とフィールドで、誰よりも早いスキルアップができたほうが、活躍の場も経験できるしごとも変わってきます。

企業ブランドを意識するのではなく、自分が活躍できると感じる環境を探してみましょう。

勝てる場所は、あなたが得意な業務ができる場所!

営業は苦手だけど、デスクワークはとても得意かも。

資料作成は苦手だけど、取引先とはすぐに仲良くなれる。

人によって、得意だと感じることや、苦手だと感じることはそれぞれです。

仕事選びでは、自分がやっていて苦にならないことを優先して仕事を探すことをおすすめします。

そもそも、『苦にならないこと』というのは、そのしごとに対して素質があり、苦手な業務よりも習得するスピードが早いことが多いんです。

たとえば、塾講師でタレントの『林修』先生は、自分が得意なことは人に勉強を教えることだと把握していたので、講師の道でぐんぐん実力をつけていき、大成功をおさめています。

しかし、インタビューなどでは、下記のように語っています。

「やりたいかどうかの軸で考えるのを止めて、できることをやろうと思って予備校講師に徹した。30年間上手く行かなかったことや悩んだことは何一つない」

※キャリコネニュース: 仕事は「やりたいこと」より「できること」で選ぶ 林修が高学歴ニートにレクチャー より抜粋

努力さえすれば勝てると思う環境であれば、成果も出しやすく、自分に自身もつけやすいので、しごとへの意欲も高くなります。

自分が活躍できるフィールドは、あなたのできることの中から選べば、市場価値を高める近道になるでしょう。

まとめ:会社の選び方のポイント8!

ということで、今回は自分にあったキャリアの考え方についてお伝えしました。

仕事選びにおいて大切なことを最後にまとめます。

転職にせよ、企業にせよ、昔と比べても働き方の選択肢もたくさん増えている時代です。

もし、今の働き方に不安があるのであれば、まずは思い切って行動に移すことが大切です。

明日からやればいっか!

忙しいから、時間できたらはじめようかな。

と、つい楽な選択をしてしまいますが、変わりたいのであれば重い腰を上げて行動に移すしかありません。

新しいこと、変化が伴うことは、最初はどうしても苦労は避けられません。

でも、あなたの明るい未来は、行動しなければやってきません。

本当に変えたいと願うなら、今この瞬間から行動すべきです。

是非、あなたの未来を変えるために、今日できることから変化の一歩踏み出してみてくださいね!

最後に、今回ご紹介した知識をより深く知りたい方に、私が読んだ中でもお勧めの本もご紹介しておきます。

テクニック論ではなく、転職の考え方や強いキャリアとは何かについて学べる内容になっているので、参考にしてみてくださいね。

ではでは!

心から望む仕事探しに大切な8つの事
最新情報をチェックしよう!