心から望む人生を見つける思考法 |あなたの理想は他人の価値観で出来ている

美男美女と結婚したい!

お金持ちになりたい!

人生の勝ち組として、そのようなイメージを抱く人はたくさんいると思います。

しかし、実際のところ、それらを叶えることが本当に自分の理想なのでしょうか。

今回は、理想の人生を送れるようになるにはどうしたらいいかについて考えてみました。

あなたが理想の『成功者』になろうとしない理由

金持ち

あなたにとっての成功像はどんな人でしょうか。

大手企業に勤めて高い報酬をもらうこと?

それとも、お金持ちと結婚してタワマンに住むこと?

テレビ番組なんかを見ても、成功者のイメージはやはりお金に絡んだ成功者を取り上げることがおおいですから、自然とそういった考えになりますよね。

しかし、あなたが思う『成功』は、本当にそうなのでしょうか。

多くの人が、自分が描く理想になりたいと思いながらも、毎日平凡に過ごしています。

でも、本当にそれが理想でどうしても欲しいものであれば、人生をかけて努力するはずなんです。

ではなぜ羨ましがっているだけなのかというと、

その理想は『他人が吹き込む成功像』である可能性があります。

自分の成功の理想が曖昧な状態で、マスメディアや周りの人が語る成功者のイメージを語られると、実際には思ってもいない事をそうだと思い込まされてしまう事が。

その為、偽りの理想に自分の人生をかけてまで成し遂げたいという気持ちにならず、ただうらやむ日々を過ごしてしまいます。

しかし、自分が思う理想が本物であれば、実現に向けてモチベーションを高めている可能性はあるんです。

仮に、あなたがお金持ちになれたとして、他社から成功者とあがめられたとします。

しかし、それは他社の理想像をかなえただけであって、あなた自身が本当に心から満足できる可能性は極めて低いでしょう。

大切なのは、『あなた自身が本当に望む人生は何なのか』を真剣に考えること。

その望みが本当に見つかれば、目標を達成するための過程も楽しくなり、本当に満足のいく日々を送ることが出来ます。

真の価値観を見極めるために

価値観

毎日の生活の中で、あなたの選択や行動は、価値観によって左右されます。

しかし、その価値観が他人から吹き込まれているものではなく、心から自分が思うものでなければ、行きつく先に満足できる結果は待っていません。

例えば、あなたが大手企業への就職と、個人事業主になること、どちらかで迷っているとします。

個人事業主になるほうが自分らしく生きられる気がするけど、少し不安だな。

そんな不安を解消するために、周囲の意見に耳を傾けると、きっと下記の声が聞こえてくるでしょう。

大手に勤めることのほうが安泰だよ!

給与も高いし福利厚生もいいし、勝ち組だよね!

相談した友人10人中10人がそういう考えであれば、本当は独立して自由に働くことが人生での目標であるにも関わらず、あなたの価値観も大手企業への転職が正しいという気持ちになってしまいます。

ほとんどの人は、大勢の人の理想像を聞くと、本当の自分の成功者像があるにも関わらず、上書きしてしまうんです。

その結果、周りからは成功者という肩書をもらえたものの、独立していたら感じられた満足感を感じられないまま日々をすごしていくことになるでしょう。

迷っているときは、だれかの助言を得たいという事もあるでしょう。

しかし、周りの意見に流されて、自分の本当の気持ちを二の次にしてしまうのは本末転倒です。

そうならない為にも、本当に自分が望む人生は何なのかをしっかりと考えてみましょう。

人のために生きることで幸福度が高まる

幸福度

お金持ちは本当に幸せなのかという議論については、永遠のテーマですよね。

しかし、年収と幸福度における調査では、年収800万円を超えると、その後どれだけ年種が増えようと幸福度は変わらないという結果が出ています。

ある程度の生活をしていくうえで、お金の問題はとても大事ではありますが、最低限暮らせるお金があれば、幸福感は変わらないんです。

では、お金持ちがみんな幸福度が変わらないかというと、そうではありません。

実は、ある程度お金持ちになった人は、だれかのためにお金を使ってあげることで幸福度が高くなることもわかっているんです。

これは、誰かの役に立つことが、自分の存在価値や幸福度を高めているんです。

もちろん、これはお金に限ったことではありません。

人は、誰かの役に立っていると実感しているときに幸せを感じることが出来ます。

小さな子供が、一生懸命にお母さんのお手伝いをするのは、唯一無二である両親を喜ばせたいからです。

社会に出てからも、誰かの役に立っていると感じる仕事をしている人のほうが、働き甲斐を感じて頑張ります。

私も感じたことではありますが、アパレルで販売員をしていたころは、お客さんのありがとうや感謝の言葉があったからこそ、やりがいをダイレクトに感じられていました。

しかし、転職してオフィスワークになってからは、現場の人の顔も見えず、自分の仕事がどこでどんな風に役に立っているか見えなかった為、やりがいを感じず、仕事が楽しくなくなった経験もあります。

もちろん、人それぞれでやりがいは異なるものですが、少なからず誰かの役に立ちたいという感情はすべての人が幸福を感じるために大切な動機です。

人生の成功を願うのであれば、まずは他人の価値観ではなく、あなたが心からやりがいを感じることは何か。

何であれば人生をかけられるのか。

その部分を突きつめて考えることから始めてみましょう。

それが見つかったとき、自然とあなたの体は動き出しているはず:)

ということで、今回は人生の成功について考えてみました。

長い人生ですから、できるだけ自分が満足いく人生を長くいきたいですよね。

それを見つけるためにも、周りの価値観に振り回されず、自分の幸せの価値感と真剣に向き合ってみてください:)

ではでは!

心から望む人生を見つける方法
最新情報をチェックしよう!